ラーメンの美味しさ

ラーメンのスープは地域で好みが分かれる傾向にある

日本全国、北海道から沖縄までどこに行ってもラーメンを食べることができます。
日本の国民食ともいえるラーメンですが、地域により好きなスープの味の傾向が大まかに分かれているのをご存知でしたでしょうか。
例えば、北海道といえば何味を想像しますか。
味噌と答える人が多いのではないでしょうか。
では、九州といえば、とんこつと答えるでしょう。
関東全域や全国的にはしょうゆ味が一番普及しているようですが、塩味のスープもなかなかの人気のようです。
塩味はどちらかというと西日本側の人が好むスープだそうです。
また、地理的に日本の北から南に移動するにつれて味噌、しょうゆ、塩、とんこつ、の順番で好きと答えた人の割合が増えていくそうです。
ラーメンの麺も太麺、細麺、ちぢれ麺など豊富な種類がありますが、スープの種類に合わせて太さや茹で加減が調整されており、長い歴史の中で一番そのスープにあう形状になっています。
その他、地域の好みの情報はありませんが、味に特徴のあるものとして、中華料理から派生した坦々麺、刀削麺、などが有名で唐辛子が効いています。
また、今ではお馴染みになった背脂が入っているもの、カレーをベースにしたもの、ソースをベースにしたスープなど、新しい形が沢山でてきています。

インスタントラーメンを美味しく食べる方法

インスタントラーメンは、簡単に作れてボリュームがあり、お腹が空いたときに大活躍するメニューです。
パッケージ通りに作っても、もちろん美味しいのですが、家にある食材をプラスすることによって、さらに美味しく食べられることができます。
ごま油を少し垂らすと、スープにコクがでて、本格的な味になります。
とろけるチーズを入れると、こってりとした濃厚な味になります。
卵やネギを入れると、ビジュアル的にも豪華になり、ごちそう感が高まります。
変わった食材としては、納豆があります。
インスタントラーメンに入れると、納豆の臭みもなくなり、ボリュームたっぷりのヘルシーな味に早変わりします。
また、梅干しを入れると、梅の酸味がスープと絡まり、いつもとは違うさっぱりとした味を楽しむことができます。
その他、日本酒を少し入れると、インスタントラーメン独特の脂臭さもなくなり、生麺のように臭みのない麺になったり、お湯ではなく牛乳で作ると、まろやかなスープになるなど、色々なアレンジができます。
梅干しや納豆のように、ミスマッチに思える食材でも入れてみると案外美味しいこともあるので、自分に合うちょい足しの食材を探してみてはいかがでしょう。


check



渋谷のエステをご案内します


渋谷のエステに通えます




最終更新日:2020/7/16

『ラーメン』 最新ツイート

@m7_force

ラーメンと違って焼きそばはスープ残すとかの調整ができないからな・・

1秒前 - 2020年12月05日


@aitata_sasebo

#葛城ラーメン部 紅ラーメン頂きました( ˇωˇ ) https://t.co/8PNHWBAteX

2秒前 - 2020年12月05日


@KSA_ZERO333

朝タイヤ交換してホムセン行きあしらでラーメン食ってカミさんを整体に送って今TSUTAYAの駐車場に着いたら『今ロックナットがポロッてホイールから落ちたよ』って拾ってくれた😅 今までホイールに着いていたのかよ⁉️って驚いたし拾った人… https://t.co/QpK0NT4AXS

3秒前 - 2020年12月05日